nao murakami blog

動いていく景色の中で

2015.09.26

naomurakami

4年前、暮らし方を変えていこうと決めて学び始めた
自然農、自給農。農業でお金を得ようというわけではなく
自分が食べる分の大部分は自分で作る暮らしがしたいと。
日本における自然農法の祖、福岡正信氏曰くの「一反百姓の
すすめ」ですね。
お金がないと生きていけない、稼げなくなったらどうしよう
という恐怖に縛られて、「経済優先」なんちゅう欺瞞の
スローガンのもと人間性を失っていく暮らしを、変えたい。
お金を使わない暮らしは無理だけど、米や豆や野菜を育て
自然の恵みを頂戴する暮らしに変えていけば、「恐怖」からは
随分と解放されると思うんです。

と、理想の暮らしを思い描きながら、まだ東京に暮らし
恐ろしいスピードでおおらかさと共感性を失う社会の有り様に
言葉を失いがちな日々。
でもこの数ヶ月、そしてこれからも、学ぶことの重要さを
しかと思い知りました。
「今は無理」と思考停止していたのは自分も同じ。
私自身も、まだここからなんだ、と強く感じてます。

DCIM1545.jpg